富士通製OASYSキーボードドライバをノートパソコン(Windows 10)にインストールしたら、ストアアプリでも入力できましたが、左親指キー、BackSpace、「、」が…

<追記>かなりいい、親指シフト刻印があり、安く、打ちやすいキーボードをリリースできそうです


<追記>2016年4月15日に、Windows 10対応版の富士通製OASYSキーボードドライバが出たようです。


富士通製OASYSキーボードドライバ(Windows 8.1対応とのこと)が公開されています。

http://www.fujitsu.com/jp/products/software/applications/applications/japanist/download/
(富士通のサイトより)
修正モジュール、
Japanist バージョン共通(セキュリティパッチ、キーボードドライバなど)、
OASYSキーボードドライバ Windows8,Windows8.1用 (V5.0.2.0) と進みます。

本来の対象

●親指シフトPS/2キーボード(FMV-KB613)用ドライバと、

富士通製親指シフトノートパソコン用ドライバ(NOTE)

が含まれています。

oya-note

( LIFEBOOK-A574/M Nsセット 178,000円+消費税)

富士通製親指シフトノートパソコンの仕様

富士通製親指シフトノートパソコンは、取消キーだけが、特別なキーを出力するだけで、他のキーは通常の日本語PS/2キーボードと同じようです。

ということは、通常のノートパソコンに、OASYSキーボードドライバをインストールしても、動くはず。。。

インストール

そこで、「標準PS/2キーボード」のドライバーが組み込まれている普通のノート(Windows 10 64 bit)にて、OASYSキーボードドライバをインストールしてみました。

署名付きドライバーなので、Windowsの64 bit版でも、田+X,Mでデバイスマネージャーを開き、キーボードの下にぶら下がっている「標準PS/2キーボード」や「日本語PS/2キーボード(106/109キー)」で右クリックして、「ドライバの更新」で簡単にインストールできます。

なお、USBキーボードをUSBポートに接続した場合は、通常、「HIDキーボードデバイス」というドライバが使われます。この「HIDキーボードデバイス」を「OASYSキーボードドライバ」に置き換えるのはできないようです。USBキーボードについては、下の「USB親指キーボードは…」の項目をご参照ください。

アンインストール

アンインストールして、元のキーボードドライバーに戻すと、単独打鍵で「親指シフト」のままになるようです。

いったん「日本語PS/2キーボード(106 /109キー)」等を選択して再起動して再び元の「標準PS/2キーボード」に戻してやるといいようです。

<追記:2017/1/21>
別のキーボードドライバーに変えても親指シフト的な挙動が中途半端に残ってしまう現象を多く聞いています(私も経験しました)
「親指シフト系のキーボードドライバーをインストールしたことのある方」で直ると思います。

ストアアプリでも動きました!

結果は、予想通り、Google日本語入力を「かなモード」にして、EdgeやWindowsストアアプリでも、親指シフト入力ができました。

ただし、無変換キーが「左親指キー」で、変換キーが「右親指キー」というのは変えられないようです。また、テストを完全にしたわけではないので、挙動が完全でないかもしれません。(私自身は、NICOLA拗音拡張を使いたいので「やまぶき 親指シフトインストーラー」+ATOKを使っています)

Lenovo Thinkpad X1 Carbonのような無変換キー、変換キーを比較的打ちやすそうなノートパソコンでは、OASYSキーボードドライバをインストールさせてもらうのもアリかもしれません。

<追記:2017/1/21>
OASYSキーボードドライバはよくできているドライバー(親指シフトエミュレーション機能付き)ですので、普通のキーボードでも使えるといいですね。実質的なコーディングはあまり多くないかと思いますので富士通さんにはぜひお願いしたいところです。

●USB対応

●JIS配列対応

をよろしくお願いします!!

Japanistはデスクトップアプリだけ

ただし、デスクトップアプリではJapanistを使うことはできても、ストアアプリではMS-IME、Google日本語入力、ATOK2016のどれかを使う必要があります(自動的に切り替わるはずです)。

ATOK2016だと、キーのスタイルで、OAKを選ぶと、無変換キーの挙動をJapanistに近づけることができるので、Japanistに慣れている方にはいいかもしれません。

USB親指シフトキーボードではインストールできず


(FKB7628-801)

USB親指シフトキーボード(FKB7628-801、FMV-KB232)では、「HIDキーボードデバイス」というドライバが使われます。この「HIDキーボードデバイス」を「OASYSキーボードドライバ」に置き換えるのはできないようです。

以前はUSBキーボードによく付属していた「USBキーボード用PS/2アダプター」を使ってPS/2ポートに接続すれば可能かもしれません。(その場合でもパソコンにPS/2ポートが必要です)

そこらへんを試した方は、情報をコメントしていただけると助かります。

FMV-KB232

(FMV-KB232:軽いタッチで、FMB-KB613と比べて小型になっています)

BackSpaceが…

(追記)あらためてこのキーボードドライバーを使ってみました。

親指ノート用のものを流用しているので当たり前なのですが、「:」がBackSpaceになっていないし、「、」を打つ位置が「:」になるので、ちょっと使いにくいかもしれません(それでも有用かも)。

USB親指シフトキーボードをPS/2ポートで使う場合(使えたら)にはこの問題はないので有用かもしれません。

 また、記号が!/?などは出ますが、~『などは出ないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(即時反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。