WindowsのWordなどで選択色(ハイライト色)を変えて見やすくする方法

word-defaultcolor

(Wordのデフォルトの置換窓)

WindowsのWordなどでテキストが選択されているときに、テキストと背景色の色の相性が悪いと、テキストが読みにくいですね。

Wordの置換窓の場合、窓の大きさを変えられないので致命的です。

この選択色、テキストの色を変える方法をご紹介します。

田+R、regedit でレジストリエディタを開いて、

HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Colorsに進みます。

regedit-color

ここのHilightが背景色で、HilightTextが選択されている文字の文字色です。

数字はRGBの10進法表記になっています。

webgenshoku

どの色にするかは、Web色見本のようなサイトが参考になります。

ただし、電卓アプリで「プログラマー」にして、16進数表記を10進法表記に変換する必要があります。(紙で計算してもモチOK!)

例えば、黒字にラベンダー色の背景にしたければ、

HilightTextを「0 0 0」(黒)、

Hilightを「230 230 250」(ラベンダー色)とします。

 ラベンダー色

読みやすいですね。

変更後は、Windowsを再起動します。

word-lavender

(Word 2016の置換窓)

FireFoxや秀丸エディタでは、本文を選択したときの選択色も変わりました。

Excelではシートでも置換窓でも影響はありませんでした(独自に色を決めているようです)。

一太郎では、置換窓で反映されました。

ititaro-replace

(日本製ワープロソフト「一太郎」の置換窓 ― 以前はパソコン用ワープロソフトの圧倒的なシェアを誇っていたのに抱き合わせ販売などのおかげでわずかなシェアになってしまいました(笑) 韓国では韓国産ワープロソフトのアレアハングルがデファクトスタンダードになっているそうです。この差は何なのでしょう? 当時の日米貿易摩擦のおかげなのでしょうか?)

なお、デスクトップで右クリック、個人設定で、デフォルトのテーマから「ハイコントラスト」などに変更してからやる必要があるという情報もありますので、再起動しても変わらなかったらこのようにするといいと思います。

できないなど情報をコメントでくれると助かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. reritta より:

    そういうやり方があるのか、と思いました。ところで、わたくしが捜しているのは、入力画面を黒にしたとき、文字列などの選択範囲をわかりやすい色にするあるいは反転させる方法です。win10で word2016です。ワード2003ではできたのですが。マイクロソフト・コミュでは、できないとの回答で、これも退化しているのか、と正直、あきれています。何か方法はないでしょうか。

    • 未来くん より:

      コメントありがとうございます。
      Word2016はWord2003と比べて劣化していることが多いですね。私は自作の外部プログラムからWordをOLEオートメーションで操作してゴニョゴニョとやっているのですが、めちゃめちゃ処理時間に差がでてしまいます(Word2003の方がぜんぜん速い)。
      本題ですが、Windows 10で「ハイコントラスト」テーマを選べば、選択範囲はわかりやすい色にならないでしょうか?
      さらに変えたければ基本的にはこの投稿に書かれているようにやればいいのかと思いますが、うまくいかないかもしれません。Windowsのバグが原因という情報もあります。
      その場合、どうなったか教えていただけると助かります。

  2. reritta より:

    サジェスチョンありがとうございます。簡単操作-ハイコントラストで試しました。黒にすると確かに選択範囲が白に反転して見やすいのですが、ワードの入力画面だけでなく全部(クリップボードとかバーのすべて)も黒(白の場合は白)になってしまうので、きびしいかな、と思います。oleとかのやり方は、わたくしの力では難しいかと思うので試していません。  ほかの方法見つかったら、またアップしてください。よろしくお願いします。

コメントをどうぞ(即時反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。