親指シフト表記があり、安く、打ちやすいキーボードをリリースできそうです

現在入手可能な親指シフト表記があるキーボードは、富士通又はその関連会社から出ているもので3種類+親指シフトノートパソコンです。

日本語入力するのに、ローマ字変換なんかやめて、親指シフトで! から転記すると、このような感じです。

FKB7628-801(Thumb Touch)

インプレ:親指シフトのかなが刻字されているので、初心者が親指シフトを続けるモチベーションを保つためにはいいと思います。ただし、このキーボードは親指シフトキーボードの割に押下力を必要とします。これが高級感・高寿命を生み出す反面、短所だと感じる場合も多いと思います。2つの足を出すと、15.6インチのノートパソコンの上に置きやすくなっています。USBケーブルは取り外し可能で、巻き取り式などの好みのものに替えることができます。ちなみに、Thumb Touchというのは、このキーボードの別称ではなく、富士通が親指シフト関連の製品群全体に付けようとしていた愛称のようです。しかし、その後、親指シフトキーボードの新製品は出てきていないので、真偽は不明です(笑)。

FMV-KB613

変換キー、無変換キーが親指シフトキーとは独立している軽いキータッチの本格的な親指シフトキーボードです。 富士通は、PS/2ポートがある特定の富士通のパソコンのみをサポート対象としています。 「コネクターがPS/2なのでUSBに変換するアダプターが必要です(規格外の信号を使っているようで、下のRC-U2MKのような特定のものが必要 富士通としては富士通の特定のパソコン以外はサポート外ということのようです)」と書いていたのですが、こちらによると、Windowsの64bit版ではアダプターを介するとうまくいかないとのことです。最新のドライバーではもしかしたら改善しているのかもしれませんが、どうしてもこれでないとダメという場合以外はFMV-KB232の方が無難に使えそうです。

FMV-KB232

FKB-7628-801と同様に、変換キー、無変換キーが親指シフトキーと兼ねていて、機能的には普通のUSBキーボードです。すなわち、「取消」キーはEscキーと同じコードを出力します。 FKB-7628-801とは違って、軽いキータッチです。 変換キー、無変換キーが親指シフトキーと兼ねていますので、親指の移動量が減ります。デスクトップPC用のタッチが軽い親指シフトキーボードをお探しの場合はいいかと思います。高いですが…

親指シフトノートパソコン

親指シフトキーボードを搭載したノートパソコンもあります。(値段が高いですので、Windowsタブレット+小型JISキーボードの組み合わせの方が現実的かなと思います)。USB親指シフトキーボードと機能的にはほぼ同じですが、「取消」キーは特殊なコードを出力するようです。このキーを使うのであれば特別にドライバーを入れて使うことになるようです。 (参考画像:access-fs.comより LIFEBOOK-A574/K 148,000円~+消費税)

http://access-fs.com/oasys/oshift.html

どれもけっこうな値段がします。優れた入力方法でもこれでは普及しませんね。

FKB7628-801は人を選ぶ

(この項目は少し修正しました)

しかも一番安い「FKB7628-801(Thumb Touch)」(amazonで15500円ほど)は、私にとってはキーが固くて指が疲れるようです。

キーボード探索の長い旅…

こんな状況なので、どこかが安くて打ちやすいキーボードを出してくれないかなと考えるわけですが、どこからも出そうにない。このままでは親指シフトを使う人が増えるわけはない。

考えてみれば自分が動くのが最適

うちの会社は外国メーカーの日本代理店になったりしていていろいろとノウハウや体制もあるし、親指シフトの環境構築については私自身いろいろと詳しいし…

そこで安くて打ちやすい親指シフトキーボードを販売しようと、2年くらい前からいろいろな業者とやりとりをし試作してもらったりして、いろいろなキーボードを試してきました。

いい親指シフトキーボードをリリースできそうです!

なかなか、いいものができなかったのですが、親指シフトの表記があるキーボードを2016/7くらいからうちの会社(ライフラボ株式会社)で販売できることになりそうです。

●安い!(販売価格は決まっていませんが「FKB7628-801」の数分の1!)

●キートップに親指シフト(NICOLA)印字

●キー押下が軽くキーストロークがあって、打ちやすく疲れない

(主観的に表現すると、FMV-KB613/232とHappy Hacking Keyboard Lite 2の中間くらいなタッチ(を安く作った感じ)!?)

●キー押下が軽いローマ字入力用のキーボードとしても普通に使える
(今は親指シフトに移行できないけれど少しでも親指シフトに興味がある人もぜひ!アルファベットよりもひらがなの方が得意な小学生にもいいかも!?)

●変換キーの左端の位置がBにかなり近い側のNの下で幅がある
(いわゆるBに近いN割れ)

●排水孔があるUSB有線キーボード
(テンキー付きですが必要最低限の大きさです 私自身はテストを兼ねて外出時も持ち歩いてノートパソコンにつなげて使っています)

●普通のUSBキーボードなのでMacでも環境構築すれば使える(と思う)

●白と黒を選択可能

●動作環境構築をサポートするサイト・掲示板を用意する予定

詳細や写真は後日。

富士通系以外の親指シフト印字キーボードは、ひさしぶりですね。

以前は、リュードさん、アスキーさんからも名機が出ていました。

親指シフトで楽に文字入力ができる人が増えるといいですね!
これからも親指シフトを盛り上げて行きましょう!!

<追記>「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード」を絶賛発売中です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 丸坊郎 より:

    本当ですか! もう少しで妥協したキーボードを買うところでした。非常にタイミングがよく嬉しいです。
    いま、やまぶきR(ありがとうございます)でThumb Touchを使っていますが、ボードがベコベコするところや荷重が負担に感じ、物色している最中でした。あぶなかった。
    あと2ヵ月ですね。待ち遠しいなぁ。

    • 未来くん より:

      コメントありがとうございます。
      私もThumb Touchを使っていましたが、キーが重いですね。
      当初は安い初心者用キーボードを計画しましたがヘビーユーザーでもいいかもと思うようになりました。
      7月の初めくらいになると思います。

  2. 匿名 より:

    1つお聞きしたいのですがesrilleキーボードのようにドライバ側で親指シフト処理が行われるのですか?それともやまぶきなどのエミュレーターに頼ることになるんですか?

    • 未来くん より:

      esrilleのようにキーボード側で親指シフト処理は行われないですね。
      キーボード自体はUSB有線の日本語109キーボードでして、刻印を変えて、かつ、軽いタッチにしています。
      一般的なローマ字入力者も違和感なく使えることも重視しました(今までの親指シフトキーボードは一般人が躊躇するようなものだったかと思います)。
      DvorakJ親指シフトインストーラーをおすすめするようになると思います。やまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラー、Japanistももちろん使えます(デスクトップアプリで)。

  3. くにぽん より:

    これは楽しみ!!
    親指シフト向けの製品が出ること自体とても嬉しいし、
    その上ローマ字入力の人たちも手を出しやすい作りだなんて、
    未来への種まきも万全ですね!!

    親指シフト界が久々に盛り上がる予感。

    • 未来くん より:

      「ローマ字入力の人たちも手を出しやすい作り」というのはコスト削減のためという面もあるのですが、ローマ字入力の人たちも違和感がなく使えるというのは、親指シフトキーボードが一般的になるためには実は重要なのかなと思いました。
      親指シフト界が久々に盛り上がるといいですね。

  4. 匿名 より:

    独立型ですかね?
    また、n割れをb下割れに出来るキッドとかでたり、b割れバージョンが出たりしますかね?

    • 未来くん より:

      FMV-KB613のような親指キーと変換キーが独立したタイプではないですね。
      キットは出せないと思います。
      将来的にはいろいろと出していきたいという意欲はあるのですが、どのくらいの需要があるのかがわからない面がありまして…
      今までにアスキーさんやリュードさんが撤退していることを考えると難しい面がありますが、理想的には今回の製品で親指シフトユーザーが増えて、いろいろと出していきたいと思っています。

  5. 匿名 より:

    こちらのサイトにもある下記のドライバをインストールして親指シフト入力を行うことが出来ますか?

    http://www.geocities.jp/development_room/exe_w.htm

    • 未来くん より:

      「親指の友 Mk-2 キーボードドライバ」は「インストールできれば」使えると思います。実はキー刻印で一カ所仕様を参考にさせてもらっています。
      ただ、Windows 64bit環境にインストールするのは、テストモードにする必要があるなどいろいろとやっかいかもしれません。
      http://eee-life.com/bb/a/97
      に関連投稿があります。

  6. 匿名 より:

    本体の写真はいつ公開ですか?

    • 未来くん より:

      1週間以内に黒色の方の写真を公開できそうです。その際はここでも告知させていただきます。

  7. other より:

    元となっているキーボードはどのキーボードですかね?

    • 未来くん より:

      ベースとなっている日本語キーボードはおそらくないですね。今回はキータッチなどの仕様策定から関わっています。
      近日中に画像や動画を公開します。その際はこちらでもお知らせします。

  8. 匿名 より:

    画像見ました、即買いです!楽しみにしてます

    • 未来くん より:

      ありがとうございます。近日中に動画も公開します。発売後に当社サイトやamazon.co.jpで購入できるようにする予定です。

  9. 匿名 より:

    画像見ました、私も
    楽しみにしてます

  10. 匿名 より:

    そのうちでかまいませんから
    「いい親指シフトキーボード」のサイズと重さも公開してください。
    あと欲張るなら、タッチの固さ(重さというべきなのか)も。

  11. まっつん より:

    今日、ふと思い立って、久々に親指シフトで検索をしたところ、このホームページにたどり着きました。シンクロニシティというのでしょうか。あまりにもタイミングよくこの情報が入ってきたので驚いています。
    OASYSワープロ時代から親指シフトを愛用してきました。今では、職場での親指シフト環境導入をあきらめ、すっかりローマ字入力にお世話になっていた自分ですが、このキーボードがあれば、再び親指シフターとして活躍できそうな気がします。
    発売を心待ちにしています!

コメントをどうぞ(即時反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。