一太郎で読み込んだWord文書を「純一太郎文書」にする方法

Word互換の設定が残る問題

一太郎では、Word文書を読み込み(docx、doc)、保存(doc)する機能があります。

しかし、Word文書を読み込み(docx、doc)、スタイルを設定して、一太郎形式(jtd)で保存しても、Word互換の設定が残ってしまっていて、縦に揃うような「純一太郎文書」とはなっていないのです。

ichitaro-footer

(一太郎画面の左下部:この「HTML Preformatted」の表示がある場合は、「純一太郎文書」とはなっていないのです。)

「純一太郎文書」になっていないと…

書式|スタイル で設定した1頁当たりの行数などが実際には反映されなくなり、日本語の文書っぽくなくなります。

そういえば、Wordでも、いくら1頁当たりの行数を設定しても、行属性が設定されていると、そちらが優先されるようになっていますね。

「純一太郎文書」にする方法

今回は、読み込んだWord文書を、Word互換の設定を消して「純一太郎文書」にする方法をご紹介します。

(1)一太郎でWord文書(docx、doc)を読み込みます(ドラッグ&ドロップでも可能です)。

(2)一太郎形式(jtd)で保存します。

(3)必要に応じて、書式|フォント飾り|解除、書式|フォント飾り|設定などのフォント設定を行います。

(4)書式|段落属性|解除

(5)書式|文字・段落スタイル|<段>標準:段落スタイルを解除します をします。

(6)書式|文書スタイル、又は「Esc,P,S」でスタイルを設定したり、「Esc,T,F」でスタイルを読み込みます。
これで、Wordっぽさがなくなった「純一太郎文書」の出来上がりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(即時反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。