DvorakJ親指シフトインストーラーで、無変換キーが無効になっていた問題を修正しました(Ver.1.60)

無変換キーが無効になっていた問題を修正しました。

気づくのが遅くなり申し訳ございませんでした。

これで、設定次第で、無変換キーで、カタカナに変えたり、確定させることなどができます。

こちらからダウンロードすることができます



コメント

コメント(9)

  1. Gopi on

    親指シフトが身近になってきたように思います。
    eee-lifeさんのような方がいらしゃって大変有り難く思います。
    ver.1.60の改定により、「設定次第で、無変換キーでカタカナに変えたり、確定させることができます。」とありましたが、どの様に設定したらいいのでしょうか?
    御教示のほど宜しくお願い致します。

    返信

    • lifelabo on

      ありがとうございます。
      お使いのIME(かな漢字変換システム:MS-IME、ATOKなど)の「キー割り当て」にて、無変換キーに「全確定」を割り当てると無変換キーで全確定をすることができます。一般的にはEnterキーで行うことが多いのですが、無変換キーの方が楽だと思います。
      無変換キーでカタカナに変えることも同様です。
      無変換キーの1回押しでひらがなになって2回でカタカナにするOASYS風は、JapanistかATOKしかできないようです。ATOKだとスタイルとしてOAKを選びます。

      返信

      • Gopi on

        ご指導有り難うございました。
        私、デスクトップPCに親指シフトキーボードKB-232,KB-613を使っています。
        そしてwindowsタブレットPCに、ロジクールのワイヤレスキーボードK-360Rを接続して、親指シフトキーボードと同じような使用感、統一した使用環境にしようとしている所です。
        これまでは、オリジナルのDvorakjとmicrosoftで提供しているremapkeyを使って、親指シフトキーボードと同じような使用感、つまり、スペースキーを無変換に、カタカナ・ひらがな・ローマ字キーをスペースキーに、JISキーの「け」をバックスペースに割り当てて、実現してきました。
        しかし、ちょっとキー変換にタイムラグがあるので、
        eee-lifeさんが改変してくださったDvorakjのみで、ノートPCもワイヤレスキーボードも、親指シフトキーボードと同じ使用感、統一感を実現しようとトライしているところです。
        そこで重ねてお尋ね致します。
        JISキーボードの「無変換キー」ではなく、「スペースキー」で、「親指左・無変換」の機能を持たせるにはどのような設定をしたらいいでしょうか?
        また、JISキーボードの「カタカナ・ひらがな・ローマ字キー」を「スペースキー」にするにはどのような設定にしたらよろしいでしょうか?
        何度もすみません。
        宜しくお願い致します。

        返信

        • lifelabo on

          「無変換キーと空白キーを入れ換えて、左親指キーに無変換キーの機能を持たせたい」
          http://eee-life.com/kb/setting/solution#muhenkanswap
          に記載のようにChangeKeyを使ってみたらいかがでしょうか?
          「スペースキー」に「無変換キー」を割り当て(または入れ換えて)、「カタカナ・ひらがな・ローマ字キー」に「スペースキー」を割り当てるといいと思います。
          DvorakJなどでは、親指キーとして、「無変換キー」、「変換キー」として使用します。

          返信

          • Gopi on

            いつも有り難うございます。
            お教えいただいたChangeKeyも、私が使っているremapkeyと同じようにレジストリを操作するソフトなのですね。
            でもchagekeyの方が操作しやすいかも。
            私の使い勝手がいいように、Dvorakjをチョット編集して、ATOK2016で入力すると、キーを押したときの変換速度は体感的には、remapkeyもChangeKeyもそれほど変わらないって感じですが、東芝のノートPCもタブレットPCも暫くこれで運用してみます。
            お忙しい中、ご親切にお教えくださり有り難うございました。
            ご存じかもしれませんが、完全なB割れキーボードを搭載したノートPCを見つけました。ASUS Zenbook3。大きさ的には私にはちょうどいいのですが、値段が高すぎるのと、SDカードスロットがないのでちょっと残念。この手の親指シフトキーボードにしやすいノートPCがもっと世の中に増えるといいですね(^o^)

          • lifelabo on

            remapkeyもChangeKeyと同じようなことができるのですね。勉強になりました。
            私もDvorakJ+ATOK2016を使っていたのですが、変換の際のレスポンスが遅いので、DvorakJ+Japanistに変えました。
            ZenBook3のキーボードはいいですね。この流れで他の機種でも同じようなキーボードにしてもらいたいですね。

  2. Gopi on

    すみません。またお世話になります。
    私、ATOK2016イミクルを使いたいので、DvorakJ+Japanistにはどうしてもできまないんです。
    そこでレスポンスを改善しようと、私の東芝のノートパソコンにOASYSキーボードドライバをインストールして、親指シフト(LIFEBOOK)を選択しました。
    すると、DvorakJとChangeKey無しで、親指シフトで入力することがでました。
    ただ、親指キーボードとして、バックスペース、句読点が機能しません。また左親指シフトキーとして機能するのがJIS無変換キーなので、左親指がとっても窮屈です。
    でも、レスポンスは親指シフトキーボードで打っているの
    と同じフィーリングです。
    そこで上記不具合を改善しようと、レジストリを操作するソフトで、バックスペース、句読点の問題は解決しました。でもどうしても無変換キーとスペースキーの機能を入れ替えることができません。
    remapkeyもChangeKeyもKeySwapも試しましたが、ダメでした。あともうちょっとで、理想のキーボード環境になるのに・・・(T_T)
    何か良いソリューションはございますでしょうか?
    このあと、キーボードドライバを元に戻して、DvorakJ+ChangeKeyに戻したのですが、大変なことになってしまいした。打鍵しても正常に親指シフトで入力できなくなっちゃったのです(T_T)
    やむを得ず、システムイメージで復元しました。レジストリがらみの改変って、本当はとっても怖いことだと実感しました。
    お忙しい中、すみません。
    宜しくお願い致します。

    返信

    • lifelabo on

      OASYSキーボードドライバはよくできているドライバー(親指シフトエミュレーション機能付き)ですので、普通のキーボードでも使えるといいですよね。実質的なコーディングはあまり多くないかと思いますので富士通さんにはぜひお願いしたいところです。私も以前試しました。
      http://eee-life.com/bb/a/182
      しかし、キーボードドライバーを変えても親指シフト的な挙動が中途半端に残ってしまう現象があることがあるようで、私も経験しました。
      解決策事例の「親指シフト系のキーボードドライバーをインストールしたことのある方」
      http://eee-life.com/kb/setting/solution#driver
      で直りました。
      (左親指シフトキーなどの問題の解決策は残念ですがわかりません。富士通さんに変更してもらうしかないかもしれないです)

      返信

      • Gopi on

        いつもご親切にご教示くださり、有り難うございます。

        「<追記>かなりいい、親指シフト刻印があり、安く、打ちやすいキーボードをリリースできそうです」を参考にしたのですが、2016/4/11の記事だったので、もしかしたら、上記の問題を既に解決されているかも、という一縷の望みで試してみたのですが、そうですか・・・。
        あともうちょっとなのに残念です。
        有り難うございました。

        返信

コメントする