linux用のかしこい親指シフト入力ソフトoyainputが公開されました

Android用の親指シフト入力アプリのOyaMozcを無料で公開されているIN WORKSさんから、

linux用のかしこい親指シフト入力ソフトのoyainputが公開されました。

OyaMozcもoyainputも「Google日本語入力」のオープンソース版のmozcがベースとなっており、変換がかしこくなっているようです。

現時点での設定方法はこちらです。

ブログでの解説はこちら

今後はもっと導入しやすいように早めにパッケージ化されるといいですね。(どなたかパッケージ作成をお願いします)

これでlinuxでも本格的に「かしこい変換で」親指シフト入力ができるようになりそうですね。

DvorakJ親指シフトインストーラーをVer.1.83に更新しました+紹介サイト

今回の更新内容は、NICOLA拗音拡張に関連する、F型キーボード(FKB-7608などの富士通型キーボード)での配列ファイルのバグ修正だけですので、現状問題なければ、更新しなくてOKです。

次くらいから、DvorakJのソースコードをいじって更新しようと思っています。

 

「ITスキル習得サイト PCまなぶ」にて、DvorakJ親指シフトインストーラーの紹介をしていただきました。
ついに決定版がでた!Windows 10で親指シフトを使用するDvorakJ編

http://pcmanabu.com/dvorakj/

解決策事例に、「Windows 10でWi-Fiのパスワードを入力しようとしても入力できない」と「Windowsログインでパスワードを入力しようとしても入力できない」を追加しました

解決策事例に、「Windows 10でWi-Fiのパスワードを入力しようとしても入力できない」と「Windowsログインでパスワードを入力しようとしても入力できない」を追加しました。

不十分な点もあるかと思いますので、詳しい方はコメントにて教えていただけると助かります。


Windows 10でWi-Fiのパスワードを入力しようとしても入力できない

●Winキー(田キー)+Spaceを押して、日本語入力システムをMS-IMEなどに一時的に変える。

●Wordやメモ帳でパスワードを入力して、コピー&貼り付けする。ただし、貼り付けは、Ctrl+Vではなく、右クリックして行います。


Windowsログインでパスワードを入力しようとしても入力できない

Windows 10において、Windowsログインでパスワードを入力しようとしても入力できないという問題の報告がありました。

まだこの現象を確認できていないのですが、

●Winキー(田キー)+Spaceや、半角/全角キーを押す。

●Winキー(田キー)+R で、「control userpasswords2」

として、パソコン起動時のパスワードを不要にする。

などの解決策が考えられます。

Mac OS最新版Sierraでの利用方法について

Mac OSの最新版のSierraではSeilが動かないので、Lacailleとkarabiner-elementsを使うようです。

http://eee-life.com/kb/setting/macにて、少し書いたのですが、適切に設定すれば当キーボードも使えると思うのですが、当方はMacを持っていないので、細かい設定方法はわかりません。

下記のツイートによると、ThumbTouchではkarabiner-elementsとLacailleの組み合わせでうまくいっているようですので(おそらく無変換キーと変換キーをkarabiner-elementsで「スペース」キーと「かな」キーに変換させて)、当キーボードのような一般的なJISキーボードでも使えるようにすることはできるかと思います。

Mac OSの最新版での利用方法をご存じな方は、コメントなどにて教えていただけると助かります。