NICOLA拗音拡張

NICOLA拗音拡張については、経緯なども含めて元々こちらにて書いてあります。

NICOLA拗音拡張とは?

NICOLA拗音拡張というのは、キーを同時打鍵して、拗音・促音などの「小書き付きかな」(かな+ゃゅょぃっぁぃぅぇぉ)もワンアクションで入力できるように、親指シフトの規格を上位互換で拡張したものです。当社にて開発しました。

従来の入力方法も可能としつつ、例えば、「しゅ」は、S(「し」)+M、「じゅ」はS+,、「ちぇ」はU+E、「にぇ」はU+W、「ぴゅ」はP+G、「ぱっ」はY+Q、「ぴっ」はP+Q、「ぽっ」はL+J、「ぱっ」はY+L、「「てっ」はD+@、「でっ」はD+/、「なっ」はD+Qで、入力することができます。

このたび、仕様を練り直して、かなり打ちやすくなりましたので、こちらにて投稿を書くことにしました。

多くの方は使用しようとは思わないかと思いますが、「こんなことを考える人もいるんだ」と軽い気持ちで読んでいただければと思っています。

メリット

●打鍵数が減る→楽になり、速くなる

●従来の入力方法のまま、少しずつ覚えることができる

デメリット

●覚えることが増える。

●別々で入力したつもりなのに、速く打つと、同時打鍵と誤って認識されることがある。

●DvorakJとやまぶき/やまぶきRなどのエミュレーターを使う場合に限られる(Japanistの「快速親指シフト」では使えません)

●マイナーである

どういう組み合わせなの?

(この項目は上記ページの説明とほとんど共通しています)

nicolayouonextension2

(NICOLA拗音拡張のレイアウト)

■ルール

●「小書き」を、(1)ぁゃ、(2)ぃ、(3)ぅゅゎ、(4)ぇ、(5)ぉょ、(6)っ の6つのグループに分けます。

●(A)前かなのキー(NICOLAと同じ)+(B)キーボードの反対側の拗音キーの2つのうちのどちらか を同時に押します(下かながメイン拗音キーを使用)。

●メイン拗音キーとサブ拗音キーが、左右に1つずつ、合計4つあります((1)~(5))。

●メイン拗音キーはサブ拗音キーよりも打ちやすい位置にあります。

●前かなが下かなの場合はメイン拗音キー、前かなが濁音かな・上かなの場合ははサブ拗音キー。ただし、空いていればメイン拗音キー。

●「(6)っ」の場合は、反対側の2つの拗音キーでは足りない場合もあるので、同じ側の拗音キーを使います。このとき、打ちにくいキーについては同じ側の人差し指や薬指のホームキーJ、L又はFを使います。

●よく使うので、「って」は「D+A」、「った」は「D+E」を追加。

(1)ぁゃ (2)ぃ (3)ぅゅゎ (4)ぇ (5)ぉょ (6)っ
左メイン拗音キー
(右側の下かな用)
右メイン拗音キー
(左側の下かな用)
左サブ拗音キー
(右側の濁音等用)
右サブ拗音キー
(左側の濁音等用)

例えば、「しゅ」は、左にある「し」のキー「(3)ぅゅゎ」の右メイン拗音キーになるので、S+Mになります。

ここで、Sキーに割り当てられている「し」「じ」「あ」のうち「し」は「下かな」なので、メイン拗音キーを使用します。

他の例では、「じゅ」はS+,、「ちぇ」はU+E、「にぇ」はU+W、「ぴゅ」はP+G、「ぱっ」はY+Q、「ぴっ」はP+Q、「ぽっ」はL+J、「ぱっ」はY+L、「「てっ」はD+@、「でっ」はD+/、「なっ」はD+Qです。

説明を読むよりも、動かして打ってみるほうがわかりやすいかもしれません。

導入方法

DvorakJ親指シフトインストーラーまたはやまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラーでは、「NICOLA拗音拡張」に簡単に設定できるようになっています。

DvorakJ親指シフトインストーラーの「かんたん設定」では、左上の「親指シフト」のところで選択することができます。

 

yamabuki-menu

やまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラーの場合、タスクトレイにあるアイコンを右クリックして表示されるメニューで「NICOLA拗音拡張」を選択するだけで設定することができます。


コメントする