親指シフトの環境構築

キーボードをつないだだけでは親指シフトの機能を実現できません。

親指シフトの機能を実現するには、自分の環境にあった環境構築が必要です。


Windows

Windowsのストアアプリ(ユニバーサルアプリ)でも使える「DvorakJ 親指シフトインストーラー」を使うことをおすすめします(無料)。

これで遅延が発生するなどの問題があれば「やまぶきR 親指シフトインストーラー」や「やまぶき 親指シフトインストーラー」をおすすめします(無料)。

やまぶき 親指シフトインストーラー」の方が「やまぶきR 親指シフトインストーラー」よりも遅延が少ないですが、IMEにて「かなモード」で使う必要があります。

 

有料ソフト(4千円台で買えます)ですが、富士通のJapanistもおすすめです。

IMEとして、変換速度が高速なので、親指シフトに向いています。

親指シフトエミュレーターの「快速親指シフト」も付属しています。設定方法はこちら

やまぶき+Japanist で組み合わせるような使い方もできます。


Mac

LacailleとSeilを組み合わせる方法について、まとめてくれた方がいます。

こちらのページへ


他のOS

Androidでは、OyaMozcという優れた無料アプリがあります。Linux他のOSでも、条件に合えば使用可能です。



コメントする