構成例:DvorakJ+ATOK+ChangeKey

Japanistが最もすっきり

親指シフトを実現する場合、親指シフトエミュレーターとIMEに、Japanist 10/Japanist 2003を使う構成が最もすっきりする構成だと思います。

他の場合

しかし、ATOKを使いたい場合、細かいカスタマイズをしたい場合、Japanistが自分に合わない場合、NICOLA拗音拡張を使いたい場合などは、Japanistを使わないことになります。

DvorakJ+ATOK+ChangeKeyの構成

少しややこしいのですが、以下にDvorakJ+(ATOK)+ChangeKeyの構成と設定方法をご紹介します。以下の特徴があります。

●どんな状況でも「変換キー」で「ひらがなモード」、「Caps Lock/英数」キーで「IME OFF/半角モード」とすることができる。

「半角/全角キー」を使ってIMEのON/OFFをする方法だと、現在「半角」なのか「全角」なのかを知っていなければならないですが、今回ご紹介する方法だと、「ひらがな」を打つ前に「変換キー」を押し、「英字」を打つ前に「英数」を打てばいいので、IMEの状況を意識しないでもよく、いわゆる「決め打ち」ができます。

●空白キーを「無変換キー」としてかな漢字変換時に有効に「順次カタカナ後変換」や「全確定」として使うことができる。

ローマ字入力をする人は「無変換キー」をまったく使わない人も多いようです。かな漢字変換時に「無変換キー」を「順次カタカナ後変換」や「全確定」として使うことができると、効率が上がります。

●Ctrl + 「:」で、「再変換」を行うことができる。

ChangeKeyを使うことによって、ハードウェアに近いレベルで、キーの割り当てを変えることができます。

上記のような要望がある方にはおすすめです。


(1)キー割り当て変更ツールのChangeKey

キー割り当て変更ツールのChangeKey(ここからダウンロード可能です)を使います。

ダウンロード後に、ChgKey.exeをどこかに展開します。

ChgKey.exeを右クリックして、「管理者として起動」を選んで「管理者として起動」します(これは重要です!!)。

●無変換キーと空白キーを入れ替え

●「:」キーとBackSpaceキーを入れ替え

を行います。

最初の画面で、どのキーの割り当てを変えたいかを選んで、次の画面で、どのキーの機能に割り当てたいのかを選びます。

ChangeKeyはWindowsの設定を変えるだけのソフトウェアなので、常駐せずに設定時にのみ起動することとなります。

このChangeKeyによる「キー割り当て変更」は、DvorakJよりもハードウェアに近いレベルで行われるので、DvorakJでキーを設定した場合よりも実際のキーが変わった状況に近くなります。

例えば、DvorakJで「:」にBackSpaceを割り当てて、Ctrl + 「:」としても、ATOKで「再変換」になりませんが、ChangeKeyで「:」にBackSpaceを割り当てて、Ctrl + 「:」とすると、ATOKで「再変換」を行うことができます。

未知のキーのキーコードを調べて、そのキーに他のキーを割り当ててくれる機能もあるので、ThinkPadのように独自キーがたくさんあるノートパソコンを使っている場合にも重宝します。


(2)親指シフトエミュレーターDvorakJの設定

DvorakJ親指シフトインストーラーをインストールします。そして、インストール終了時に起動される「DvorakJかんたん設定」にて、

「キーボード」で「普通のJISキーボード」、

「親指シフトキー(左/右)」で「無変換/変換」

として、「反映/起動/再起動」ボタンを押します。

そして、DvorakJ起動後に、タスクトレイにあるDvorakJのアイコンをクリックして、DvorakJの設定画面を出します。

左側の「単一キー」の「無変換など」をクリックして、「変換キー」の直接入力時の設定を「Space」から「そのまま」に変えます。

(半角入力時に「変換キー」を押しても「Space」が出力されないようにします)

ファイル、再起動でDvorakJを再起動します。


(3)IME(かな漢字変換システム)のATOK

ATOKの設定画面でキー割り当てを変更します。

「キー・ローマ字・色」タブ、「キーカスタマイズ」と進みます。

●「変換キー」の「文字未入力」に「入力文字種全角ひらがな(あ)」を割り付けます。

●「英数」キーの「文字未入力」、「入力中」に「日本語入力OFF」を割り付けます。

●「無変換キー」の「入力中」、「変換中」などに、好みに応じて「順次カタカナ後変換」または「全確定」を割り付けます。(これについては以下に説明します)

順次カタカナ後変換

「順次カタカナ後変換」は、「無変換キー」を2回押して「カタカナ」にするというOASYS風の挙動になります。この「順次カタカナ後変換」の機能があるIMEは、Japanist以外だとATOKだけだと思います。

全確定

「順次カタカナ後変換」に慣れていない方は「全確定」を割り付けるといいと思います。「無変換キー」に「Enter」を割り付ける方法と比べると、既に確定されているときに「無変換キー」を押しても無駄な改行が出力されることはありません。


以上です。コメントにて感想をお知らせいただけるとうれしいです。


コメントする