最新情報

「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード」の販売元のライフラボ株式会社が運営していますが、このキーボードにかかわらず、親指シフトの環境構築、入力環境などの情報を掲載していきます。
white-middle-slant


本格的に親指シフトをお使いの文筆家・速記者・ブロガーも、ローマ字入力に疑問を感じているだけのそこのあなたも

「親指シフト」を使ってみませんか?

「親指シフト」は、日本語を日本語のまま楽に速く入力できる入力方法です。
JISかな入力と比較しても、三段の範囲内で、濁音・半濁音もワンアクションで入力できます。
仕事で文字入力が多い方やローマ字入力に疑問を感じている人たちの間で近年見直されつつあります。
例えば、Windowsの場合、「DvorakJ親指シフトインストーラー(無料)」(インストーラーを当社が作成)や「Japanist(有料:富士通(株)製)」で親指シフト環境ができあがります。
(IMEやアプリとの組み合わせで多少の制限が発生したり、職場でソフトウェアのインストールが制限されている場合もあります)

「親指シフト」に適したキーボードをお使いの方は、環境構築のページにアクセスして、親指シフト用のソフトウェアをダウンロードしてインストールしてみましょう。

「親指シフト」に適したキーボードをお持ちでない方は、「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボードTM」はいかがでしょうか。


oya1-01

「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボードTM」のご購入は、Yahoo!ショッピング()、amazon.co.jp()、ヤフオクから。

※amazon.co.jpにて、送料込みの値段にしたために複数個をご注文の場合は割高になってしまいます。複数個をご注文の場合はYahoo!ショッピングでのご購入をおすすめします。

ご購入後にぜひレビューを!


動画、チラシ(PDFJPEG)があります。

2016/6/28
仕様を公開します。
機能的にはUSB日本語109キーボードと同じです。
機構:ラバードームを使用するメンブレン式
色:黒色、白色の2種類
コネクタ:USB-Aオス(昔からある大きなUSB端子です)
寸法:435×127×28mm、
重さ:444g、
キー押下力:約40g、
ケーブル長:140cm、
排水孔:9個、
製造:中国