Windows 32bit版 – 親指の友Mk-2キーボードドライバ

Windowsの32bit版をお使いであれば、「親指の友Mk-2キーボードドライバ」を通常の方法でインストールすることができ、これで親指シフトを可能にすることができます。(Windowsの64bit版では難しいです)

安定しているキーボードドライバー

「親指の友Mk-2キーボードドライバ」は、エミュレーターよりもハードウェア寄りの層で動く「キーボードドライバー」ですので、UWPアプリ、Microsoft Edgeブラウザー、Windows 10の検索窓でも安定的に高速で動くものです。これらを使う必要がある親指シフトユーザーにとっては貴重な選択肢です。

Windowsの32bit版でないと困難

しかし、MicrosoftはWindowsの64bit版を出す際に、Windowsの64bit版ではハードウェアのドライバーについては、不正に改造したドライバーをインストールしてしまうことがないように、電子署名付きのドライバー以外は実質的にインストールできないようにしました。その電子署名を得るには定期的に費用(年間数万円)を支払わなければなりません。

「親指の友Mk-2キーボードドライバ」は、作者様が無料で公開してくださっている署名されていないドライバーですので、「テストモード」として使うなどの特殊なことをしない限り、Windowsの64bit版では使えないようです。

このような状況ですので、Windowsの64bit版で使うことはかなり難しいと考えた方がいいようです。

署名付きのドライバーが出てくれば・・・

なお、作者様はソースコードを公開してくださっていて改変して配布することも許諾してくださっているので、どなたかが署名付きのドライバーとして配布してくだされば、親指シフトユーザーの皆様がかなり助かると思います。

あえてWindowsの32bit版を使用!?

最新のパソコンでなければ、この「親指の友Mk-2キーボードドライバ」を使用するために、Windowsの64bit版ではなくあえて32bit版を使用するという選択肢もあると思います。Windows 7以降のパソコンに貼付されている有効なWindowsのプロダクトキーさえあれば(他のパソコンで使っていないことが必要)、Windows 10を新規にインストールすることができると思います。

Windowsの64bit版と比べたWindowsの32bit版の特徴

以下のような差があります。

メリット:

  • 「親指の友Mk-2キーボードドライバ」を使える
  • 少ないメモリ搭載量でも動作(Windows 10 64bit版の最低メモリー量は2GBであるのに対してWindows 10 32bit版の最低メモリー量は1GBです)
  • 古いソフトウェアとの相性が若干いい。
  • ハードディスクの容量の利用量が少ない。

デメリット:

  • 今後ますます非主流になる
  • 2GBを超えるメモリーを利用できない(2GBよりも多く搭載していても2GB分しか認識しない)
  • 少し遅い
  • 新しい機種だと32bit用の各種ドライバーを探すのに苦労するかもしれない

「親指の友Mk-2キーボードドライバ」の特徴

  • 「キーボードドライバー」なのでエミュレーター(Japanistの快速親指シフト、DvorakJ、紅皿、やまぶきRなど)と比べて安定していて高速動作する
  • 零遅延モードによって表示が早い
  • IME Offのとき(半角英字モード)でも、左右別々の親指シフト入力が可能。例えば、IME Offのときに@キーをそのまま打てば@、左親指シフトなら「_」、右親指シフトなら「`」が出力されます。
  • 動作確認済みのIMEは、Microsoft IME(とJapanist)のみ。私がやったときに私の環境ではJapanist 2003を使えなかったような気がしたのでMS-IMEを使いました。
  • 設定ツールが付属

「親指の友Mk-2キーボードドライバ」のインストール

ファイル置き場から、「親指の友 Mk-2 キーボードドライバ」を探し、そこからzipファイルをダウンロードします。

これを例えば、C:\Prog\Oyayubinotomoに展開します。

スタートボタンを右クリックして、「デバイスドライバ」を開き、現在のキーボードのドライバを更新します。

readme.txtには以下のように記載されています。

————————————————————————-
●インストール方法
————————————————————————-
 既存のキーボードドライバを、本ドライバで置き換えることで使用可能となります。
 (デバイスマネージャからキーボードを選択し、ドライバの再インストールを行います。)
 アンインストールについても、同様に本ドライバから本来のドライバへ置き換えることで可能です。
 
 32bit版で「infに署名が無い」ことを理由にインストールが失敗する場合は、
 UEFIの「セキュアブート」を無効にすることで回避可能です。
 
 インストール後は必ず再起動して下さい。
 USBキーボードの場合はシステムから再起動を要求されませんが、
 実行中のプログラムにはレイアウトファイルの変更が適用されませんので、
 正常動作させるには再起動を行う必要があります。
 
 キーボードドライバの選択肢は以下の6つがあります。
 各キーボード用の初期設定とレイアウトファイルが異なる他は、
 いずれも同一のドライバがインストールされます。
 各選択肢の違いは以下の通りです。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ◆”富士通 PS/2 親指シフト キーボード (親指の友 Mk-2)”
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・配列ファイル = kbol_611.dll
  ・親指キーの初期設定が「親指右/左(独立キー)」
  ・富士通製PS/2親指シフトキーボードの制御ロジックが動作
  
  富士通製PS/2親指シフトキーボード(FMV-KB611等)、
  拙作変換アダプタ(FMRKBD2PS2) + FMR/TOWNS/OASYS専用機のキーボード等での使用を想定しています。
  
(略)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ◆”日本語 106/109 キーボード (KB611互換 親指の友 Mk-2)”
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・配列ファイル = kbol_611.dll
  ・右小指隣付近がNICOLA-F型となるような配列置換
  
  一般的な日本語キーボードで親指シフト入力を行う用途を想定しています。
  所謂「NICOLA F型配列(;の右隣に後退キーがある)」となります。
  
  デフォルトで配列置換の設定がいくつか入っており、これを全て消すことで、
  一般的な106キーボードと同じ配列に戻すことも可能です(かな配列はNICOLA J型相当)。
  
(略)  
  
 各配列(レイアウト)ファイルでの、キーと入力される文字の対応等については説明を割愛します。
 詳細は各レイアウトファイルのソースコードを参照下さい。
 尚、106キーボード等では@/`キーが消滅しますが、代わりにFMR/TOWNSの親指シフトキーボードと
 同じ操作で入力が可能です(具体的には、Shift + 0で@、 右Shift隣の¥を単独打鍵で`)。
 
 尚、Windowsの制約として、複数台のキーボードで異なるレイアウトファイルを使うことができません。
 本ドライバを複数のキーボードに対してインストールした場合、全てのキーボードに対して
 「最後にインストールしたレイアウトファイル」が使用されます。
 
 このため、FMV-KB611や232等と一般的な106キーボードを併用する場合は、
 上記のうち、同じレイアウトファイルを使うものを選んでインストールして下さい。

キーボードドライバの選択肢

上記のようにキーボードドライバの選択肢がいくつかあります。

当社の「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード」、日本語106/109キーボードを使っている場合、ドライバーとして「日本語106/109キーボード(KB611互換 親指の友 Mk-2)」を使えばいいと思います。

FMV-KB611の場合は、「富士通PS/2親指シフトキーボード(親指の友 Mk-2)」を使うようです。

インストール後の設定

設定プログラム(config_uty.exe)を起動します。

そして、「キーボード選択」で設定対象のキーボードを選択します。

そして、「親指シフト設定(全体)」タブの「親指キー」で、デフォルトでは、「無変換」、「変換」を親指シフトキーとするように設定されていますが、「Space」、「変換」を親指シフトキーとするのであれば、以下のようにします。

oyayubinotomo-setting

そして、「その他」タブの「キー置換」で、日本語106/109キーボードの場合、Backspaceと「:」を入れ替えるように、

0E:Backspace |28:「:」

28:「:」 |0E:Backspace

と設定します。

「;」の右隣が「後退」となっているF型キーボードの場合(Pの右隣が「:」である場合)、「@」と「:」を入れ替えるように、

1A:「@」|28:「:」

28:「:」|1A:「@」

と設定します。「適用」させた後、SysReqキー(Alt+PrintScreen)を押して反映させます。

IMEの設定

IMEとしては私はMicrosoft IMEで設定しました。IMEでは「ローマ字入力」ではなく「かな」モードに設定して使います。

Microsoft IMEで使う場合、「英数」キーに「IMEオフ」、「変換」キーに「IMEオン」を割り当てることで、半角英字を入力するときは「英数」キー、日本語を入力するときは「変換」キーを押せばよくなります。

また、設定プログラム(config_uty.exe)にて「親指キー|左|(単独打鍵)」で設定したキー(例、Space)に対して、「入力文字のみ」以降の事象に、何かの機能を割り当てるといいと思います。私の場合は「全確定」を割り当てています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする