Windows 10でサインイン時のパスワード入力を不要とする方法

Windows 10でサインイン時のパスワード入力を不要とする方法

パソコンを起動するときにパスワード入力を求められると、面倒ですし、それだけ起動時間が長くなってしまいますので、Windows 10でサインイン時のパスワード入力を不要としたい方は多いと思います。

その方法は、通常の「設定」から入ってもできません。

control userpasswords2

以下のような方法を使う必要があります。

田+R で「ファイル名を指定して実行」の窓

executebyname

を出して、control userpasswords2 [Enter]と入力します。

userpasswords2

そして、「ユーザーアカウント」の窓で、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」(上の赤線部分)のチェックボックスを「オフ」にします。

パスワードを入力した後、この設定が反映されるはずです。

ちなみに、そのパスワードはパソコン内に保存されますので、詳しい人だと読み取れるということをわかっていた方がいいでしょう。

「・・・パスワードの入力が必要」のチェックボックスが出てこない

どうやら、Windows 10のVer. 2004にアップデートした場合など何らかの事情で、上のcontrol userpasswords2の窓を出しても、「・・・パスワードの入力が必要」のチェックボックスが出てこないことがあるようです。

これでは、サインイン時のパスワード入力を不要とすることができません。

レジストリ変更による解決策

その場合、現時点では以下の方法によって解決することができるようです。

田+R で「ファイル名を指定して実行」の窓 を出して、regedit と入力します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\PasswordLess\Device

とたどり、DevicePasswordLessBuildVersionの値が2になっている場合、0にします。PasswordLess\Deviceの項目がない場合、作ります。

これで(再起動などした後に)「・・・パスワードの入力が必要」のチェックボックスが出てくると思います。

将来的には

このcontrol userpasswords2は古いWindowsのときから使えましたが、将来的には徐々に使えなくなってきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(即時反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。