「句読点で自動変換」ではなく、「句読点で確定」?

句読点で自動変換

句読点(「。」「、」)で自動変換するというのは、かなを入力後に句読点を打つと、その後自動的に「変換」することです。

句読点を打った後に「変換」が正しいか確認することになりますが、「変換」キー(多くの場合、「スペース」キー)を押す回数を減らすことができます。

どのIMEでも「句読点で自動変換」できるように設定することができるようです。

私も以前は「句読点で自動変換」にしていましたが、今は下の「句読点で確定」にしています。

句読点で確定

句読点(「。」「、」)で確定するというのは、かなを入力後に句読点を打つと、その時点でそのまま「確定」されるようになる設定のことです。

Facebookの親指シフトグループで、Nさんから教えていただきまして、今では私はこの「句読点で確定」で日本語を入力しています。

この設定をサポートしているIMEはなく、おそらく、「DvorakJ親指シフトインストーラー」と「やまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラー」だけで設定可能ではないかと思います。いや、linux用のibus-anthyではこの設定が入っているものがあるかも(私がコードを提案しました)。

追記:「昔のOASYSワープロではこの機能があったようです」と書きましたが、コメントでこうすけさんから教えていただいたように少し違うものだったようです。

追記:linuxで使うoyainputでも可能です。方法をこちらに書きました

利点

最初に知ったときには、「何でこんな変な設定にするのだろう!?」と思いましたが、この設定には以下のような利点があります。

●確定操作・部分確定操作が必要なくなる

EnterキーまたはCtrl+Mで確定操作、↓キーまたはCtrl+Nキーで部分確定操作をしている方は多いかと思いますが、このような操作の数が激減します。

●句読点単独の場合、ひらがな+句読点の場合には、操作回数が特に減る。

したがって、文章を推敲するのが楽になります。

●句読点を打つときにはそれまでの文が完成している

これが意外といいのです(笑)。句読点を打った後に変換が正しいか確認するのではなく、その前に確認して、最後に句読点を打つことになります。

デメリット

●DvorakJ・やまぶき/やまぶきRが動いている必要がある

●下記のようにIMEやアプリでも設定をしなければなりません

●句読点を打つ前に、それまでの文が完成している必要がある

句読点を打つ前に、それまでの文の変換誤りなどが修正されている必要があるということです。

最近のIMEでは、変換誤りが少なくなっていますので、昔ほどは修正する必要はありませんが。

●未確定状態に戻すのが少し手間

確定した後に未確定状態に戻そうとして、Ctrl+BackSpaceのような操作(未確定状態に戻す)をしても「句読点」しか未確定状態に戻らなくなります。その場合、再変換したい箇所を選択して「再変換(別途キー割り当てが必要)」操作をすることになります。

●マイナーすぎる

設定方法

DvorakJ親指シフトインストーラーの「かんたん設定」では「句読点設定」のところで指定します。

(DvorakJ親指シフトインストーラーの「かんたん設定」)

「やまぶき/やまぶきR親指シフトインストーラー」では、配列定義ファイルとして、ファイル名に「-確定」が含まれているファイルを指定します。

このほか、下記のように、「IMEでの設定」と「アプリでの設定」が必要です。

どうやって実現しているのか?

配列定義ファイルを見ればわかるのですが、句読点を出力した後に、Ctrl+Mを出力して全確定させるようにしています。

逆に言うと、IMEにて、Ctrl+Mが「全確定」に割り当てられていないとうまく確定してくれません。

また、アプリにて、Ctrl+Mが何かの機能に割り当てられていると、余計な動作をしてしまうことになります。

IMEでの設定

Ctrl+Mが「全確定」に割り当てられていなければ、割り当てる必要があります。MS-IMEやATOKでは、そのように割り当てられているはずです。

アプリでの設定

ワープロソフトやテキストエディタのようなアプリにて、Ctrl+Mが何かの機能に割り当てられていると、余計な動作をしてしまうことになります。

したがって、このような機能割り当ては無効にします。

例えば、Microsoft Wordでは、デフォルトで、Ctrl+Mが「インデント」に設定されています。Word 2016では、Alt+F,Tで「オプション」を出して、「リボンのユーザー設定」、ショートカットキー:「ユーザー設定」にてこの割り当てを削除するように設定します。

また、秀丸エディタでは、Ctrl+Mが「改行」に設定されています。これを「(何もしない)に変えます。

Macでも使えます!

Macでも問題なく使えます。Lacailleで設定する方法を「Macで親指シフト」のページに記載しました。

ぜひお試しを!

DvorakJ・やまぶき/やまぶきRをお使いの方はぜひ試してみて、下のコメントに感想を書いていただけるとうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする