Ubuntu 18.04で親指シフト

Ubuntu

Ubuntuはインストールでエラーになることが少ないディストリビューションです。特に日本では大きなシェアを占めています。トラブル解決のための情報も最も多いディストリビューションです。

ubuntu19

Debianをベースとしていますが、Debianよりも重くなっています。古いノートパソコンの場合は、UbuntuをベースとしたディストリビューションでXubuntuやLubuntuがありますので、そちらを選ぶといいでしょう。

Ubuntu 18.04.3 LTSの日本語Remix版

ubuntu-japaneseremix

また、Ubuntuの特徴としては、Ubuntu Japanese Teamが日本語Remixを出している点が挙げられます。英語版よりも日本語化がきちんとしているようです。

今回は、Ubuntu 18.04.3 LTSの日本語Remix版をLenovo Thinkpad X220にインストールしてみました。

ISOイメージのダウンロード

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロードのページからubuntu-ja-18.04.3-desktop-amd64.isoをダウンロードしました。

容量が大きいので途中で切れてしまうことも多いため、自動復旧機能があるFree Download Managerを使いました。

起動可能なUSBメモリーの作成

PowerISOの「起動可能なUSBメモリーの作成」の機能を使いました。

USBメモリーからPC起動してUbuntuをインストール

電源ONのときに、F12を押してUSBメモリーから起動しました。ここからはXubuntuのときと同じです。Windowsと同居させる場合はディスクの設定のところで「手動」を選ぶようにします。「自動」を選ぶとWindowsのパーティションが消えてしまうことがあります。

インストール完了後にibusをfcitxに変更

入力メソッド(IM)として、ibus、IMEは、ibus-mozcが自動的にインストールされていました。

ibusだとIME ONやIME OFFのキーを自由に設定することが難しいので、fcitx、fcitx-mozcに変えることにしました。

dpkg –l | grep mozc

(これでmozc関連のインストールされているパッケージを確認することができます)

sudo apt-get remove ibus-mozc

sudo apt-get -y install fcitx fcitx-mozc mozc-utils-gui

そして、「入力メソッド」を開いて、fcitxを選択します。

あとは、Xubuntuの設定と同様です。 なお、Xubuntuでは日本語表示を選択すれば、ibus-mozcではなくfcitx-mozcが最初からインストールされますので、上記のfcitx-mozcのインストール作業が必要ありません。

「Fcitxの設定」で、Show Advanced Optionsをチェックして、「入力メソッドをオンに」で「変換」、「入力メソッドをオフに」で「英数Caps Lock」を設定しました。しかし、下の「Ubuntuに固有の問題」で書いたような問題が発生したので、「Ctrl+Space」に変える必要がありました。

oyainput(カスタマイズ版)のインストール

Linux ? oyainput+カスタマイズ情報で書いたように、oyainputをカスタマイズしてインストールしました。

Ubuntuに固有の問題(?)「英数」キーで英大文字になる

私は「Fcitxの設定」で「入力メソッドをオフに」で「英数」キーを割り当てているのですが、インストールしたUbuntuでは「英数」キーを押すと、IME OFFになるとともに、英語が大文字に変わってしまいます。IME OFFだけの動作をしてほしいのに大文字モードになってしまうと困ります。

Ubuntu本家のISOでインストールし直しても同じでした。

Ubuntu 18.04 で CapsLock キーを押しただけで CapsLock が有効になる機能を無効化するに解決策が掲載されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする