Windows – やまぶき/やまぶきR 親指シフトインストーラー

※「やまぶき/やまぶきR」はWindows 10ではうまく動作しない場面が多くなっています(特に、ストアアプリ、Windows 10独特のツール類)。

親指の友Mk-IIキーボードドライバ 署名版」をお使いになることをお薦めします。


やまぶき 親指シフトインストーラー・やまぶきR 親指シフトインストーラーは、当社にて、yama様作のやまぶき・やまぶきRをインストール後すぐに、親指シフト(NICOLA)入力ができるようにしたものです(無料)。

このページを公式サイトということにします。


ダウンロード

やまぶきR 親指シフトインストーラーは、こちらから最新版をダウンロードすることができます。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se511126.html


http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/160113/n1601131.html

にてレビュー記事があります。

やまぶき親指シフトインストーラーと、やまぶきR親指シフトインストーラーの違い

●同じパソコンでローマ字入力もする場合(他の人も使う場合)は、「やまぶきR 親指シフトインストーラー」がおすすめです。ローマ字入力への切り替えが楽だからです。

●処理の高速化を求める方には、かなモード用の「やまぶき 親指シフトインストーラー」がおすすめです。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se512869.html

「やまぶきR 親指シフトインストーラー」を使うなら、IME(かな漢字変換ソフトウェアのことでWindowsのデフォルトはMS-IME)では「ローマ字入力」の設定で使います。ローマ字入力への切り替えは、「やまぶきR」を終了させるだけです。

「やまぶき 親指シフトインストーラー」を使うなら、IMEでは「かな入力」の設定で使います。ローマ字入力への切り替えは、「やまぶき」を終了させてからIMEにて「かなモード」から「ローマ字入力」モードへと設定変更する必要があります。

Windows 10のストアアプリ、最近のブラウザなどでは動作しません

やまぶきRもやまぶきも、Windows 8.1/10のストアアプリ、Windows 10での一部機能、LINEのWindows版ではうまく動作しません(DvorakJだと動作します)。

特に、Windows 10では、検索バーやWiFiのパスワード入力時に文字入力を受け付けないという問題があります。

この場合、田+スペースで、IMEを切り換えるか、あるいはメモ帳などで入力後にCtrl+Cでコピー・Ctrl+Vで貼り付けを行います。


配列定義ファイルにしたがって動作します

配列定義ファイルは、C:\Prog\YamabukiR\layoutの中にテキストファイル(メモ帳で見ることができる形式)として入っています。これを見てみることをおすすめします。

配列定義ファイルの変更方法について、わかりやすくまとめてくださったサイトがあります。

http://www.kh-tax.com/oyayubishift-3/

「ょ」のところのバグの報告ありがとうございます。Ver.1.54で直しておきます。記号を「‘」で囲むことについても統一しておきます。ATOKやJapanistだと記号を「‘」で囲まない方がいいようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする