親指シフトキーボード

<ここでは親指シフト表記があるキーボードを親指シフトキーボードとして紹介します(以前に書いた文章を一部使用しています)>

FKB7628-801(Thumb Touch)

FKB7628-801(Thumb Touch)は親指シフトキーボードの割にキーが固いです。また、キーが外れた後にうまく嵌められなくなってしまうことがあるようです。

thumbtouch

2つの足を出すと、15.6インチのノートパソコンの上に置きやすくなっています(要確認)。USBケーブルは取り外し可能で、巻き取り式などの好みのものに替えることができます。

FMV-KB613

FMV-KB613は、変換キー、無変換キーが親指シフトキーとは独立している軽いキータッチの本格的な親指シフトキーボードです。独立していると、同時打鍵を気にせずに高速に打つことができます。大型で重量があります。

FMV-KB613

コネクターは、今となっては古いPS/2ポートです。公式にはPS/2ポートがある特定の富士通のパソコンのみをサポート対象としています。

OASYSキーボードドライバーとJapanist(別途購入が必要)をインストールして使います。

特定の「PS/2からUSBに変換するアダプター」を使ってUSBポートに接続して使っている方もいるようですが、この場合、OASYSキーボードドライバーは使えず、エミュレーターを使うことになるようです。

FMV-KB613を使うのであればPS/2ポート付きのパソコンで使う必要があると考えた方がいいようです。

FMV-KB232


FKB-7628-801と同様に、変換キー、無変換キーが親指シフトキーと兼ねていて、機能的には普通のUSBキーボードです。すなわち、「取消」キーはEscキーと同じコードを出力します。

FKB-7628-801とは違って、軽いキータッチです。

変換キー、無変換キーが親指シフトキーと兼ねています。


親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード

当サイトを運営しているライフラボ株式会社が販売しております。詳しくはトップページを。

一般的な日本語JISキーボードと同様な見た目や操作感にして、親指シフトのためにキーを軽くして親指シフト表記が付いています。

「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボードTM」のご購入は、Yahoo!ショッピング()、amazon.co.jp()、ヤフオクから。


親指シフトノートパソコン

親指シフトキーボードを搭載したノートパソコンもあります。

現在、富士通から直接LIFEBOOK A744/Kの親指シフトキーボード版を購入することができるようです。購入時に「親指シフトキーボード」を指定することが必要です。

その他、富士通専門店「アクセス」でも販売されているかもしれません。

USB親指シフトキーボードと比べると、「取消」、「英字」キーは特殊なコードを出力するようです。



(参考画像:access-fs.comより)