「当キーボードは無料ソフトウェアなどを利用して親指シフト入力を実現することができます…」とトップページに追記しました

接続しただけで親指シフト入力を実現することができると思われている方が若干いらっしゃるようですので、以下の内容をトップページに追記いたしました。

当キーボードは無料ソフトウェアなどを利用して親指シフト入力を実現することができます。

例えば、「DvorakuJ親指シフトインストーラー(無料、当社が配布)」やJapanist 10(富士通製品、有料)や親指の友Mk-IIキーボードドライバ署名版(シェアウェア)を使用します。

逆に言えば、接続しただけでは親指シフトを実現できません。この点は富士通製キーボードでも同様です。また、インストール後に設定が必要です。

例えば、Japanistでは、インストール後に「快速親指シフト」を有効にし、「左親指シフトキーをスペースキーにする」設定が必要となります(当社サイトにソフトウェアの紹介や設定方法を詳しく掲載しています)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする